Casino-x casino

おすすめ人気オンラインカジノを目的別に比較

ブックメーカーは違法?日本から賭けたときの違法性を解説

ブックメーカーは違法?日本から賭けたときの違法性を解説

ここ数年日本人のブックメーカーのユーザーは増加している一方で、「ブックメーカーで賭けることは賭博罪だ」と主張する声もあります。では実際にブックメーカーの利用に違法性はあるのか、詳しく解説します。

ブックメーカーに日本から賭けるのは違法?

ブックメーカーに日本から賭けることの違法性について解説します。

ブックメーカーは法律上はグレーゾーン!判例がないためはっきりしない

日本では、公営ギャンブル以外の賭け事が禁止されています。そのため、ブックメーカーは賭博罪にあたる可能性があります。

しかし、ブックメーカーは「海外企業が運営している」という特性があり、実は、国内にはハッキリと規制する法律がありません。

日本国内では国が特別に認定した運営者以外(公営競技、宝くじなど)がギャンブルを開設すること、参加ともに禁止している。しかし、海外に拠点を置くブックメーカーを罰する法律は存在しない。

引用:ブックメーカー|Wikipedia

裁判になった事例もなく、判例がないため、違法なのか合法なのか分からないグレーゾーン状態なのです。

現実的には逮捕される可能性は低い

ただ、現実的には、ブックメーカーを利用して逮捕される可能性は限りなく低いと言われています。
賭博罪に詳しい津田岳宏弁護士も、ニュースサイトで以下のように見解をコメントしています。

現実問題、自宅のパソコンからこっそり海外のブックメーカーを利用しても、逮捕される可能性は限りなくゼロに近いでしょう

賭博罪は風紀に対する罪とされています。その違法性の多寡は『公然性』の多寡に関わります。

(中略)

自宅でこっそり参加する分には、公然性は皆無です。また、上記のように違法かどうかも明確でないので、いきなり逮捕される可能性はほぼゼロといっていいでしょう

引用:「海外ブックメーカー」に日本から参加できる?|弁護士ドットコムニュース

また、ブックメーカーは、国外で海外企業が合法で運営しています。それなのに「利用者だけを賭博罪で逮捕するのは法律の原則に反している」という理由もあります。

そのため、自己責任にはなりますが、ある程度安全に利用できるといえるでしょう。

ブックメーカーで賭けている証拠を警察が掴むことは困難

警察が令状発行に必要な証拠を揃えることは非常に困難です。というのも既に解説した通り、ブックメーカーを運営しているのは海外の会社であるためです。

警察は、日本国内の個人や法人に対しては公権力を使って強制捜査もできるものの、海外の法人に対しては強制力を発揮できません。つまり証拠を揃えようにも、揃えられない可能性が高いということです。

また苦労して証拠を集められたとしても、せいぜい数十万円程度の罰金刑しか課せられない、というコスパの悪さもあります。

違法性を問われるブックメーカーの利用方法には注意

ブックメーカーは、利用方法次第では、明確に違法になることもあります。具体的にどのようなケースで違法性を問われるのか、詳しくチェックしてみましょう。

日本法人が運営するブックメーカーで賭けを行う

日本法人が運営するブックメーカーを利用した場合、完全に賭博罪が成立します。そもそも賭博行為が禁じられている日本でブックメーカーの営業許可がおりるはずもないので、絶対に利用してはいけません。

一般的に国産ならば安心という考え方がありますが、ブックメーカーに関しては国産サイトほど危険であるということを頭に入れておきましょう。

店舗や他人のアカウントを借りて賭けを行う

闇カジノ(インカジ)などの店舗で賭けたり、他人のアカウントを使って賭けたりする場合も、胴元(店舗やアカウントの貸主)と利用者が国内にいると見なされるため、賭博罪が成立します。

ブックメーカーで賭ける際は、自分自身のデバイスを使って、自分自身の個人情報で登録したアカウントを利用するようにしてください。

不当に得た資金を入金して賭けを行う

不当な方法により得た資金をブックメーカーに入金するのも違法です。2022年5月に山口県阿武町の男性が誤給付を受けた新型コロナ給付金をオンラインカジノに入金した結果、電子計算機等使用詐欺罪で逮捕された例は記憶に新しいところでしょう。

ほかにも拾ったお金や他人から横領したお金、詐欺でだまし取ったお金などを入金した場合、遺失物横領罪や窃盗罪、詐欺罪などに問われる可能性があります。余計なことは考えず、必ず自分自身の保有する資金のみを使ってブックメーカーに入金するようにしてください。

年額50万円以上の利益を得たのに申告納税を怠っている

ブックメーカーで年額50万円以上の利益を稼いだ場合には、所得税の申告納税義務があります。きちんと申告納税をしないと、所得隠しや脱税と見なされて罰せられる可能性もあるので注意が必要です。

ブックメーカーで賭けを楽しむ以上は、しっかりと税金面のルールについても頭に入れておきましょう。正しく申告して期限内に納税さえしていれば、まったく問題はありません。

ブックメーカー自体はライセンスを取得済みなので合法

「ブックメーカーの運営そのものが違法」という声も聞かれますが、その心配はありません。ブックメーカー各社は公的政府よりライセンスの承認を受けているため、合法的に運営されていると言えます。

ライセンス取得状況の確認方法

ブックメーカーのライセンスは以下のようなアイコンが公式サイトの下部に表示されていればOKです。

ブックメーカーのライセンス

またアイコンをクリックすることで、ライセンス証もしっかりと確認することができます。

ライセンスアイコンをクリック ライセンス証が表示される

「違法なブックメーカーを選んでしまいそうで不安」と心配をしている方は、アカウント登録前にライセンス取得状況をチェックしておくのもおすすめです。

上場企業が運営する信頼性が高いブックメーカーもある

「海外の会社が運営しているブックメーカーは不安」という気持ちを持つ方もいると思いますが、上場企業が運営するような信頼性抜群のブックメーカーもあります。具体的に上場企業により運営されているのは以下のようなブックメーカーです。

  • ウィリアムヒルスポーツ
  • Bet365
  • 888スポーツ(日本語非対応)

もちろん上場企業運営ではないブックメーカーでも出金拒否や個人情報漏洩などの心配はほとんどありませんが、上場企業運営ならばより安心して利用することができます。

コメントを残す