ドラゴンハナハナのスペック及び打ち方、設定判別要素などをまとめてみました!とはいっても基本的に従来のハナハナ同様の打ち方でOKなんですけどね(^^)


・ボーナス確率、機械割
設定 BIG REG ボーナス合成 機械割
1 1/297 1/496 1/186 96%
2 1/287 1/464 1/177 98%
3 1/275 1/431 1/168 101%
4 1/262 1/397 1/157 104%
5 1/248 1/366 1/147 107%
6 1/235 1/336 1/138 111%


<–スポンサード リンク–>


・天井非搭載

・打ち方

1.左リール枠内にチェリー狙い(BAR目安)。

2.左リールにスイカ停止時は中・右リールもスイカ狙い(ボーナス絵柄目安)。

3.上記以外は中・右リール適当打ち。

※BIG中左右のランプ点滅時はスイカorチェリーなので取りこぼしのないように!
※REG中は左リールに白7を避けて適当打ちで消化。





<ボーナスについて>
☆BIG・・・純増約312枚。

☆REG・・・純増約130枚。


<設定判別要素>

1.ボーナス確率
→ボーナス合成・・・設定1=1/186、設定6=1/138
→REG確率・・・設定1=1/496、設定6=1/336

2.REG中のサイドランプフラッシュ比率
→左リールにスイカ・白7・スイカをビタ押ししてスイカを入賞させると、1度だけサイドランプがフラッシュする。

奇数設定は左寄りになりやすく、偶数設定は右寄りになりやすい。設定6のみ1:1となる!?また、高設定ほど左右両方点灯しやすい模様。

3.ボーナス後のパネルフラッシュ
→BIG終了後のパネフラは高設定ほど発生しやすい!?
→REG後のパネフラは設定3以上!?

4.BIG中のスイカ確率
→設定1は約1/50ほどで、設定6だと約1/30ほどになる模様。

5設定変更判別ポイント
→BETランプの消灯
 ・・・設定変更をするとBETランプが消灯するが、据え置きだと朝一BETランプがついたままの状態に。
※対策されているホールも多いと思われるので、実際打つ前には念入りな下見をすることをおススメします。

→朝一87G以内のBGM変化は据え置き濃厚!?
 ・・・BIG後87G以内にBIGを引いた場合BGMが変化するのですが、設定変更を行った場合はこれがリセットされるためです。

→リールガックン
 ・・・個体や停止出目によって差はありますが、パイオニアの機種は設定変更するとリールガックンしやすいです。


 具体的な解析は毎回出ないシリーズですが、従来のシリーズ同様の立ち回りが通用すると思われます(^^)

当ブログ内での関連記事:

JoycasinoRamenbet