Casino-x casino

おすすめ人気オンラインカジノを目的別に比較

オンラインカジノの逮捕事例一覧

近年は日本人でも多くの人がオンラインカジノを利用している一方、「オンラインカジノは逮捕される」といった声も聞かれます。本記事では具体的にオンラインカジノでどのような逮捕事例があるのか、詳しく解説してみました。

オンラインカジノの逮捕事例

TedbetRamenbet

これまで起きたオンラインカジノの逮捕事例を6つ紹介します。

事例①スマートライブカジノの日本人プレイヤー3名が逮捕

Casino-xRamenbet

2016年にスマートライブカジノというオンラインカジノを利用していた日本人プレイヤー3名が単純賭博罪の容疑で逮捕されました。オンラインカジノの利用が賭博とみなされて逮捕された初めての事例です。

スマートライブカジノの運営拠点は海外にあったものの、実質的な運営は日本で行われていると警察が判断したことで逮捕に至ります。逮捕された3人のうち2人は略式起訴を受け入れ、罰金を支払いました。

「略式起訴」とは、検察官が簡易裁判所に対して、略式命令により被疑者に刑罰を科すことを求めることをいいます。

引用元:法律相談ナビ|略式起訴とは|正式起訴との違い・手続き・注意点などを解説

しかし残る1人は略式命令を不服として、裁判で争う姿勢を見せます。ギャンブルに精通する津田弁護士を付けて徹底抗戦し、最終的には不起訴処分を勝ち取りました。

私は昨年から,いわゆるオンライカジノをプレイしたとして賭博罪の容疑を受けた人の弁護を担当していたのであるが,これにつき,不起訴を勝ち取ったのである。

引用元:麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ|不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件

要はオンラインカジノでの賭けが「法的にお咎めなし」と認められたということです。以降は1人として、オンラインカジノのプレイを理由に賭博罪で逮捕された事例はありません。

事例②山口県阿武町で4630万円の誤送金を受けた男性が逮捕]

JoycasinoCasino-x


2022年には山口県阿武町で新型コロナ給付金4630万円の誤給付を受けた男性が、資金をオンラインカジノに入金したことにより逮捕されたという事件がありました。しかし逮捕時の罪状は「賭博罪」ではなく「電子計算機等使用詐欺罪」です。

電子計算機使用詐欺とは、簡単に言うとコンピューターに虚偽の情報を入力したり読み取らせて、または、コンピューターに不正の指令を与えて、財産上の利益を得る犯罪です。

引用元:電子計算機使用詐欺とは?判例をふまえてポイントをわかりやすく解説 | 逮捕・示談に強い東京の刑事事件弁護士 (wellness-keijibengo.com)

オンラインカジノに入金、さらに賭けを行ったことが明らかにも関わらず、賭博罪では逮捕されていません。

ちなみに本記事執筆時点で本件の裁判は継続していますが、争点となっているのは「電子計算機等使用詐欺罪で有罪に問えるか否か」という点です。

つまりオンラインカジノで賭けを行ったこと自体は、裁判でも争点とされていません。

事例③国内最大規模のインカジ店でオンラインカジノをプレイした4名が現行犯逮捕

BonsTedbet

2023年1月30日には東京新宿の歌舞伎町において、オンラインカジノで賭博を行った4名が現行犯逮捕されました。しかし逮捕に至ったのは、オンラインカジノで賭けていたからではなく、違法賭博店で賭けを行っていたことが理由です。

人見容疑者らの逮捕容疑は今年1月30日、店舗で客を相手にスロットをさせた疑い。

引用:歌舞伎町のカジノ店摘発  – Miyanichi e-press

元々警察は賭博店の経営者を摘発しようとしていたところ、運悪く居合わせた4人の客も逮捕されることとなりました。オンラインカジノ関連の逮捕事例ですが、利用者が逮捕されたのは「インカジ」でプレイしていたためです。

ほかにもインカジ利用者や経営者の摘発事例は、日本各地で毎週のように起こっています。ちなみに本件がニュースで報道されたのは逮捕から4日後の2月2日ですが、この時点ですでに利用者の4名は釈放されていました。

仮にインカジを利用して逮捕されるのだとしても、経営者に比べて利用者の罪はずっと軽いということでしょう。

事例④ドリームカジノの運営者が逮捕

ConquestadorTedbet

2016年にはドリームカジノというオンラインカジノを運営していた人物が逮捕されました。逮捕されたのは坂本拓也氏で、オンラインカジノ業界では悪名高く有名な人物です。

ドリームカジノ自体はオランダ領キュラソー島のライセンスを受けていました。しかし実質的には大阪市天王寺区の事務所で運営されていたため、逮捕されるに至っています。

そもそも日本では刑法により賭博が禁じられているため、店舗型のカジノを運営することも、無店舗型のネットカジノを運営することも当然違法です。

ただし、あくまでも運営側が逮捕されたというだけで、ドリームカジノの利用者からは逮捕者が出ていません。

事例⑤台湾でユースカジノ・エルドアカジノの運営関係者が逮捕

ConquestadorBubinga

2022年の11月には台湾でユースカジノとエルドアカジノの運営関係者が逮捕されました。一気に40名もの人が逮捕され、さらに台湾のニュース映像ではエルドアカジノ、ユースカジノの公式サイトが使われていたことでも話題になりました。

ちなみに逮捕された人物の一人は坂本拓也氏であり、ドリームカジノの運営者と同じです。しかしその後も特に問題なくユースカジノとエルドアカジノは運営が続いています。

運営の本体ではなく、マーケティングを外注していた下請け会社が摘発されたに過ぎないためです。既にユースカジノもエルドアカジノも、摘発された下請け会社とは提携を解消しています。

事例⑥NetBanQ(決済サービス)の運営者が逮捕

BubingaRamenbet

2016年2月にはNetBanqというオンラインカジノの決済サービスを運営していた日本人2人が逮捕されました。エコペイズを日本人が運営していて、その運営者が逮捕されたというイメージです。

しかしNetBanq事件も逮捕されたのはオンラインカジノの利用者ではなく、運営側の人間です。

厳密に言えばオンラインカジノを運営していたわけではないものの、実に1,000人以上もの顧客にオンラインカジノをプレイさせたことにより常習賭博の疑いで逮捕されました。

しかしNetBanq事件においても、NetBanqを活用して実際にオンラインカジノで賭けていたプレイヤーからは逮捕者が出ていません。

プレイヤーの逮捕事例はあるが法律上はグレーゾーン

Casino-xBons

上記で紹介した通り、オンラインカジノのプレイヤーが逮捕された事例はあります。しかし100%違法とは言いきれず、実際には法律的にグレーゾーンです。

裁判で争う姿勢を見せたら不起訴になった

RamenbetBubinga

事例①で紹介した通り、スマートライブカジノ事件で逮捕された1名のプレイヤーは、逮捕を不服として徹底的に争う姿勢を見せました。そして最終的には裁判が行われない不起訴処分を勝ち取っています。

「不起訴処分」とは、起訴をしないこと、すなわち、検察官が裁判所に対し訴えを起こさないと決定したことを指します。 不起訴処分となった場合は、捜査機関による捜査がそこで終了となり、裁判を受けることもなくなります。

引用元:不起訴処分とは

刑事裁判での有罪率は99.9%と言われていますが、検察側はオンラインカジノのプレイが100%違法に当たるとまでは断言できなかったのでしょう。

万が一にも裁判で無罪になればメンツにも関わってくるため、確証がない状況で強気には出られません。

検察が100%違法とまでは言えなかったのは、そもそも賭博罪が胴元を摘発する目的があるという理由もあります。利用者の責任をはあくまでも付随的なものです。

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

引用元:不起訴の勝ち取りーオンラインカジノプレイヤーの件 | 麻雀プロ弁護士津田岳宏のブログ (ameblo.jp)

スマートライブカジノの運営者を逮捕できないにも関わらず利用者だけを逮捕するのは、誤った法解釈になってしまうこともあり不起訴処分が下されたのでしょう。

警察庁が「オンラインカジノは違法」とアナウンスしているが逮捕者は出ていない

Casino-xTedbet

2022年10月には警察庁が「オンラインカジノは違法(犯罪)」というメッセージを公式に発信するようになりました。

警察庁が「オンラインカジノは違法(犯罪)」というメッセージを公式に発信

またNHKのクローズアップ現代などを始め、オンラインカジノの違法性に言及する特集を組むメディアも増えています。それでもオンラインカジノの利用者から逮捕された事例は増えていません。

インカジの経営者やインカジの利用者が逮捕されているだけです。

実際のユーザーは多く存在する、違法性に関する発信もしている、それでも逮捕できないというのは、現行法の下ではオンラインカジノのプレイが賭博罪に抵触しないと言っているようなものです。

パチンコ業界の権益を守るためにオンラインカジノを貶めている?

警察が熱心にオンラインカジノの違法性を訴えているのは、警察が管轄しているパチンコ業界の権益を守るためという理由も考えられます。同じギャンブル産業においてオンラインカジノはパチンコにとっての強敵です。

パチンコ業界と警察に癒着があることは有名な話で、警察としても最大限パチンコ業界を守りたいと考えているのでしょう。

だからこそオンラインカジノの違法性を強く発信することで、ユーザーがオンラインカジノから離れることを狙っているのかもしれません。

「闇カジノ」「インカジ」もオンラインカジノと呼ぶようになった

ConquestadorBons

店舗で行われるカジノは「闇カジノ(インカジ)」と呼ばれる、完全違法なサービスです。一方、オンラインカジノはネット上で行われるもので、グレーゾーンの立ち位置です。

2つの定義は明確に異なり、一括りにまとめられるものではないはずです。

闇カジノ
(インカジ)
  • 実際の店舗があり、店先でチップやコインを購入して店内で遊戯を行う
  • 利用するのは店側の保有するアカウント
  • ゲームを通じて稼ぎを得たら、店内で換金を行える
オンラインカジノ
  • ネット環境があればどこでもプレイできる
  • 自分自身でアカウントを作成し、ネット上で入金を行った後にプレイする
  • 獲得した勝利金はその場で換金できず、電子ウォレットや銀行口座に送金する

しかし最近のニュースでは、闇カジノのことも「オンラインカジノ店」と呼ぶようになりました。

山口県阿武町の誤送金問題でオンラインカジノが有名になり、マスコミが興味を引くために無理やり名前を使ったり、警察庁や消費者庁が取り締まり強化のために印象操作している可能性があると考えられます。

警察庁の公式サイトではオンラインカジノの検挙事例が公開されていますが、文言を見てみると、インカジの摘発事例であることも分かります。

コメントを残す

残念ながら、このカジノは一時的にプレイヤーの受け入れを停止しています。

でも心配しないでください。トップライセンスのカジノで運試しをしてみてください。

ラーメンベット

登録する

Casino X

登録する

ボンズカジノ

登録する

ボンズカジノ

登録する

ジョイカジノ

登録する

ボンズカジノ

登録する
×